第1回 ミラクルダイエット講座

ミラクルダイエット講座

ダイエットの秘訣

ダイエット成功の秘訣は大したことではありません。
毎日の食事です。

それが解っているからカロリーに気を付けているし、運動もしているのになかなか痩せない!という人はそもそも食事の内容が間違っているのかも。

ダイエットには食事の内容やタイミングなどいくつかルールがあります。

世の中には様々なダイエット方法がありますが、このルールはどんなダイエット方法にも共通です。

まずはダイエットのルールを知りましょう。

ダイエットのルールその1 食事の内容

ダイエットにはいくつかルールがると言いましたが、実は食事の内容を改めるだけでダイエットはうまくいきます。

それほど食事の内容は重要です。

糖質、脂質、タンパク質の3つ栄養素はエネルギーになることから3大栄養素、これにビタミン、ミネラルを加えたものを5大栄養素といいます。

この5大栄養素の中に1つだけ体脂肪を蓄えるための栄養素があります。

それが糖質です。

糖質は食べれば食べるほど肥満ホルモンが分泌されます。

ダイエットではよく脂質の摂取を抑えましょうと言われますが、脂質とタンパク質は食べても太りません。
なぜなら、肥満ホルモンが分泌されないからです。

脂質の摂取を抑えましょうというのは「脂」という字面が原因、つまりただのイメージ。
脂質への風評被害です。

もちろん消費カロリー以上のカロリーを摂取すれば、どんな栄養素でも体脂肪に代謝され蓄えられますが、常識の範囲の食事量なら太りません。

太る原因もしくは痩せない原因は糖質です。

食事からできるだけ糖質を除きましょう。
これができればダイエットはうまくいきます。

ダイエットのルールその2 食事のタイミングと回数

食事とは突き詰めて言えば、エネルギー源の確保が目的です。

摂取されたエネルギー源は細胞に溜めこまれ、それを切り崩してエネルギーを作ります。

つまり、最適な食事のタイミングは細胞に蓄えられたエネルギー源がなくなった(少なくなった)ときです。

でも、エネルギー源がなくなった時と言われても、目に見えるわけではないのでそのタイミングで食べてと言われても難しいですね。

ならエネルギー源が少なくなるタイミングをこちらでコントールしてやればいいんです。

理想のタイミングは就寝前

脂質やタンパク質は消化吸収されるまで6~9時間くらいかかります。
寝る前にがっつり食べて、寝てる間にエネルギー源を細胞にしっかりため込みます。

朝食は不要です。
就寝前にしっかりエネルギー源を確保していれば、起床した時には細胞にはエネルギー源満載です。

そのタイミングで食べても完全に無駄なカロリー摂取、体脂肪として蓄えられてしまいます。

昼食はその時の状態次第
夜しっかり食べていれば日中もエネルギー源は足ります。
しかし、小食の人は夜の1食だけでそんなにカロリーを摂取しきれない場合があります。
そんな時は昼食も食べましょう。

夜がっつり食べて、朝は食べない、昼は食べないか小腹を満たす程度に食べる。

理想は1日1食ですが回数はそこまでこだわる必要はありません。
ただ、朝に食べるのは上に記した通りダメです。

ミラクルダイエットとは

5大栄養素のうち、糖質を除いた4大栄養素をしっかり食べる。
食べるタイミングを決めることで無駄なくエネルギー源を摂取し、使用する。

これがミラクルダイエットの内容になります。

上記の2つを満たすと代謝が促進し贅肉だけがスルスル落ちます。

ただ痩せるだけではなく、体の中も綺麗になるということ。

ミラクルダイエットはただ体重を減らすダイエットではなく、食生活改善による、総合健康療法です。

そもそもダイエットとは食事のコントロール、すなわち健康になるためにやるもの。

今後の講座ではそこに重点を当てながら、ミラクルダイエットの詳細をお話していきます。

おまけ 私の場合

私は、21~22時に食べます。
結構遅い時間帯ですね。

内容はお肉や魚を中心に葉のものの野菜です。

朝は水を飲むだけ。

お昼は食べずに14時くらいにチーズやお豆腐をおやつに軽く食べて、そのまま夜に以下ループ。

こんな感じです。

タイトルとURLをコピーしました