第5回 ミラクルダイエット講座

ミラクルダイエット講座

身体の中でなにがおきるのか?

インスリンは肥満ホルモンだと前に説明しました。
脂肪をできるだけ蓄えさせ、その上分解まで抑制するホルモンだと。

ミラクルダイエット実践中はインスリンが分泌されなくなるので、この脂肪の蓄積と分解抑制の2つの蓋が外れます。

脂質代謝が活発に働くようになるということです。

よく、脂質代謝が活発に働くことを「脂肪が燃える」と表現しますが、ミラクルダイエットでは「脂肪が大炎上」します。

糖質を食べないと2、3日で体重が1~3kg落ちます。

これは贅肉が落ちたのではありません(ガッカリする必要はないですよ)。

糖質は塩分ほどではないですが、水分をため込む習性があります。

糖質を食べなくなったので余分な水分が抜けたということです。

ここから「脂防の大炎上」が始まります。

身体は中性脂肪からエネルギー源を作りますが、「脂肪の大炎上」が始まると脂質の1つであるケトン体を作ります。

ケトン体はほぼ全ての細胞のエネルギー源になります。

ミラクルダイエット実践中はこのケトン体がガンガン作られるわけですよ、使い切れないほどに。

そして、余ったケトン体は尿に排出されます
つまり特別なことをしなくても勝手に贅肉がスルスル落ちていくわけです。

水ダイエットって聞いたことありませんか?
水をたくさん飲んで水分に脂肪を溶かして排出しましょうというダイエットです。

この脂肪というのはケトン体のことです。
しかし、世間一般の食事ではインスリンがドバドバ分泌されるのでケトン体はほとんど作られず、効果は見込めません。

ミラクルダイエット実践中はどうでしょう?

ケトン体がガンガン作られ、バンバン排出されます。

ミラクルダイエットは水ダイエットと非常に相性がいい!

コップ1、2杯でいいのでミラクルダイエット実践中では水をたくさん飲むように意識してください。

とくに最初の1ヶ月は暴走とも言えるくらいの「脂質の大炎上」が起きるので、ここがダイエットのゴールデンタイムです

もう1つ。
「脂質の大炎上」が起きていると基礎体温が上昇します。

人の体温は36℃半ばと言われますが、実際は36℃半ば~37℃です。
もともと、それなりに脂質代謝が働いている人はそれほど変化はありませんが、ミラクルダイエットがうまく実践できている目安になるでしょう。

とくに低体温、冷え性で悩んでいる人は注目です。

タイトルとURLをコピーしました